<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DICカラークラブ記事*
      '遡上する青と緑'へのお誘い。
| TOP | 冬眠中にみる夢は。 >>


スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

** | - | - | -|


スペクトルの狭間から・・。


原美術館で開催中の、
「オラファー・エリアソン 影の光」展 の取材に行ってきました!

・・・いやもう、すばらしかったです。
スペクトルのなかに、ほんとうに分け入ることができるのです!
自然と、人間(テクノロジーと情熱と好奇心)がこんなふうに手をたずさえることができるなんて。
観客がおもいおもいに作品に自分を投影し、また同時に自分の内へ潜ってゆく、
その、場のあたたかい静けさも心地よかったです。

個人的に共鳴する部分も多く、

そう、この大きさ! この振れ幅! この自由!

と、どきどきしっぱなしでした・・・。

展示室に泊まり込みたい気分をぐぐっと抑えて、帰ってきたのでした。

来年2/5までです。(年末年始の休館日にはご注意を)
ぜひぜひ☆


** | Works** | comments(2) | trackbacks(1)|


スポンサーサイト


** | - | - | -|
コメント
はじめまして。わたしも感動しました。どきどきなされた気持ちわかります。同感!
ちなみに、J-WAVEのHPを観ていたら、この展示のことを今度の土曜日「MODAISTA」という番組の中でとりあげるそうです。楽しみですねぇ。
12/30 by アメリー
コメント&情報ありがとうございます!
MODAISTA・・清川あさみちゃんがでていたコーナーかしら。チェックしてみますね☆

展示期間も、好評につき1ヶ月延長されたようです♪(3/5まで)
「Camera obscura」など、前回と違う天気のときにもう一度観に行ってみるのもいいかもしれませんね。
12/30 by Asca
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pflaumen.jugem.cc/trackback/367
トラックバック
2005/12/25 9:16 AM
「オラファー エリアソン 影の光」 (Olafur Eliasson: Your...
tabiusagi.com