<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私をみていたもの。 | TOP | なくならないキャンディのように。 >>


スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

** | - | - | -|


手の相性。


スターバックスのタンブラー(持ちやすくやわらかな曲線がかかっているタイプの。"Create Your Tumbler"シリーズというらしい)を使っているのだけれど、
この曲線が、どうも手にあわない・・・というか、なぜか逆にすべりやすい。
竹筒ペットボトルのサントリー「伊右衛門」もそう。フィットするんだけど、その密着ぐあいにメーカーの心配りというか、こちらに踏み込んでくるパワーを感じて嬉しかったりもするんだけれど、
なぜだかいつも、ずるっといく。

私の手がちいさいせいだろうか・・・?

逆にごつごつした、コカコーラ「シノア」はすごく手になじむ。

私、手までもひねくれものなんだろうか・・・?

そんなわけで、最近は、
TY NANTというイギリスのスプリングウォーターの、流水そのものをかたどったペットボトルか、
900mlの角ばったペットボトルを愛用しているのでした。
(ちょっと巨大なんだけどね)


** | Art&Design | comments(0) | trackbacks(1)|


スポンサーサイト


** | - | - | -|
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pflaumen.jugem.cc/trackback/139
トラックバック
2005/01/24 8:13 PM
★父親の友人にパッケージデザイナーという人がいて、仕事場をお訪ねすると、化粧水とかフェイスクリームとか様々なカタチの容器を木型で作ったものがたくさん並べてあって、ちょっとした異空間だった。同時にその楽しそうな仕事の内容とかフリーランスという立場につい
湘 南 く い だ お れ ー