<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 口紅から機関車まで。 | TOP | うちの小人たち。 >>


スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

** | - | - | -|


ラッキーストライクの語るもの。


レイモンド・ローウィの仕事のなかでもとみに高名な、LUCKY STRIKEのロゴデザイン。
的をモチーフにしたデザインはもともとのもので、ローウィはそこから、緑ベースだった色と線をシンプルに整理し、箱の両面にロゴを配置した。(捨てられた空函が人の眼に止まったときに、どちらの面が上になっても印象的に映るように)
一見ちょっとした改善のようだけれども、彼の仕事がなかったら、このデザインははたして今の時代まで受け継がれてきただろうか・・・。


これが現代。表参道沿いの煙草屋さん。
すっきりとしていながら、しぶいアートワーク。


この煙草とデザインが背負ってきた時間と想いはもはや、
色だけで表現することが可能な域に入っている。

時を経て愛され続けることで磨かれる、ものの風合い、色あい。
それを想定して仕事をすることがこの分野では特に大切だし、またそこが醍醐味でもあるのだろうなー。


** | Art&Design | comments(4) | trackbacks(1)|


スポンサーサイト


** | - | - | -|
コメント
LUも、Peaceも、Lucky Strikeも同じ人のデザインなんだね!!!改めてPeaceのマークを見たら、何と美しいこと。タバコをすわないから気づかなかったよ。いつまでも古くならない洗練されたデザインに行き着くというのは、何気ないようでいて、本当に難しそうだね。ビバ・フランス。(最近ちょっとフランスかぶれ。)
06/10 by おりえ
ほんと、ローウィのデザインって現代まで愛され続けているものが多いよね。20世紀のアメリカそのものをデザインしちゃったといえるのでは?というくらい・・ 
・・でもそれっていわゆる"強いアメリカ"のことか?と思うと気が沈みそうにもなるけれど、作品の美しさがそこを救ってくれている。こんな美しいものをつくったり受け継いだり再発見したり、できるんだし。私たちは。
そして、ドイツも忘れないでね〜☆まだうたえるよ、♪Wenn die unsere goldene Sonne..(^v^)
06/12 by Asca
続きは♪hinter eine Wolke kriecht...♪でしょ!私も歌えるーーーーー。新○先生、元気かなぁ?(超内輪ネタ)
記憶力のピークが20歳ってほんとだよね。あの頃覚えたことって結構忘れずに残っている。今は全然覚えられないーーーー。
06/20 by おりえ
そうそうそう、kriechenなんてマイナーめの動詞がいきなりボキャブラリーに入ってきちゃったのよね。
地震のときくらいにしか使えないなあ、なんて思ったのをおぼえてる。
(でも、グループの名前忘れちゃった。もしまだおぼえてたら教えて!)

そういやてっちは、"Buchstabieren Sie bitte?"だけはおぼえてるんだって。死ぬほど使ったって。Bitte川○くんなんてのもいたねえ。なつかしい〜。
06/22 by Asca
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pflaumen.jugem.cc/trackback/121
トラックバック
2004/10/13 12:13 AM
■東京オペラシティ アートギャラリー 「ヴォルフガング・ティルマンス|Freischwimmer」 2004.10.16[土]─ 12.26[日] http://www.operacity.jp/ag/exh55/index.html 約200点の写真と日本初公開の映像作品。16日にはアーチストトークも。 ■ワコウ・ワークス・オブ
パリノルール blog