<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 好きを伝えよう | TOP | 20世紀のポスター[タイポグラフィ]―デザインのちから・文字のちから >>


スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

** | - | - | -|


「色と暮らしのインテリア」 : vol.8 むらさき


「La Finestra ラ・フィネーストラ」さんで連載中の
「色と暮らしのインテリア〜色から学ぶ心地よい暮らし」が更新されました!

第8回は、この宇宙の最大のコントラストを全肯定するように両立させている、究極の奥行きを持つ色、紫です。


*カラーガイド「色と暮らしのインテリア〜色から学ぶ心地よい暮らし」
www.finestra.jp/color/
*vol.8 むらさき purple
www.finestra.jp/color/07/



(写真をクリックすると別ウィンドウで大きなサイズのものが開きます)


10年以上前にドイツをひとり旅していたときに本屋さんで指南書に出逢い、迷わず連れて帰って、いつかなにかのかたちで紹介できれば・・・と思い続けていた、Fenstersterne(フェンスターシュテルネ・窓の星)。
最近では日本で紹介される機会も増えてきて、専用の紙も入手しやすくなっているもよう。
ここではカラートレーシングペーパーで作っています。


カラーガイド記事内に載せてあるのは、ふたつあるフェンスターシュテルネの上のほうのものの作り方です。
ちょっと画像が小さいかもしれないので、こちらに再掲。



そしてこちらは、下のほうのフェンスターシュテルネの作り方。
正方形を縦に1/3にして、半分に折り目をつけ、そのセンターラインに合わせて角を折り込んで、もう一度折り込んで、したものを8個、円状に繋げたものが、カラーガイド記事内での下側=上掲してあるフェンスターシュテルネになります。
倍の16個を用意して繋げると、さらに複雑な美しさが生まれます☆






そして、魔術的な色の変化をみせる、ブルーマロウのお茶。
何度見ても、ほ〜っとため息がもれます・・・。
色を出し切ったあとの花殻がなんともかわいそうな風情になってしまうので、それだけは若干胸が痛みますが。


個人的に一番好きな色といえるかもしれない、紫。
いろいろな角度から書くことができて、幸せでした。



** | Works** | comments(0) | trackbacks(0)|


スポンサーサイト


** | - | - | -|
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pflaumen.jugem.cc/trackback/1023