<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「色と暮らしのインテリア」 : vol.7 ちゃいろ | TOP | ラブレターじゃないんだけど >>


スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

** | - | - | -|


きらめく七色の指輪



eteのクリスマス限定リングきらきら
ステンドグラスをイメージしたという、Radiantシリーズ。
七色に輝く教会の窓がなんとも可愛い・・・!! 
しんと冷えた冬の空気に建物の輪郭が磨かれているようすや、寒さでちょっと涙目になった瞳に映るにじんだ光までも表現されているようで・・・ ほんとにコンセプトも色もデザインも、キラキラしていて目が離せないったらないわとうっとり語っていたら、ちょっと早めのクリスマスプレゼントということで贈ってもらいました!
ありがとうございます!
ちびさんがいるのでふだんはつけられないけれど・・・ここぞというときに大切に使おうと思います。


額縁のようなクリスマス限定ボックスがまたすてきなのです。


eteのデザインはどれも、きゅっと心をつねるように掴まれる工夫と可愛らしさがあって、きっと対象年齢はもっと若い子なんだろうな〜(素材もお値段もお手頃だし)と思いつつもやっぱり惹かれてしまう。
ダイヤモンドの檻のようなFiligreeシリーズもアイデアが秀逸でたまらないし、果物のタルトそっくりなTarteシリーズも横顔(タルト生地の立ち上がり)がなんともおいしそうで可愛い。
(もし私が大学生だったら恋人にこれをねだっただろうな)という、華奢さをきわめたラインも。
お店のスタッフさんも、心底eteのアクセサリーが好きな感じで、つい長居して話し込んでしまいました。

私もこういうものをつくっていきたいな・・・きゅっとしてキラキラしていて、ひねりも効いているけれどまっすぐ届く、実は強いもの。



** | Art&Design | comments(0) | trackbacks(0)|


スポンサーサイト


** | - | - | -|
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pflaumen.jugem.cc/trackback/1014