<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

** | - | - | -|


日本代表をお鍋の具にたとえたら


川島 8.5 味ぽん 
結局鍋の味を大方決めるのは味ぽんじゃねーかみたいな

内田 5.0 春菊  
誰も箸をつけず、最後は鍋の底に沈む 爆発力を発揮できず

吉田 6.5 白菜  
野菜をみごと纏め上げ肉で単調になりがちな中盤を救う 影のMVPか

今野 5.5 大根  
同じく野菜の顔だが、下ごしらえで細切りにしてしまい不評 切り方要再考

長友 8.0 長ネギ 
野菜でありながらもはや鍋の主役に踊り出るタレント性 文句なし

長谷部 6.5 しいたけ 
食いごたえはさすがの一言 火が通りにくいのが難点

遠藤 6.0 えのきだけ 
野菜との連携、また肉へのつなぎなど多彩な働き

岡崎 6.5 つみれ 
華やかだがチャンスは少なかった 鍋を上下に暴れまくった印象が強い

本田 6.0 鶏肉  
本来はもっと輝けたか ただ、肉としてだけでなく出汁としても有能 ぜひ鍋の主役に

藤本 5.5 ちくわ 
きりたんぽが抜けた穴を埋めたかったがしょせんは別物 ただ精力的に鍋を泳ぎ回っていた

前田 5.0 豆腐 
やや積極性に欠けたか 全員の舌を火傷させたる、という気迫がほしい

岩政 6.0 マロニーちゃん 
与えられた役割をしっかり果たし、延長後半のうどん劇につなげた

李  6.5 うどん 
とにかく終わりよければすべてよし 鍋全部の旨味を独り占めする

伊野波 --- 水  
煮え立つ鍋に的確に投入された水 鍋を終局に導く一手


人気のコピペ。秀逸!
長ネギはお鍋の最初から最後まで、いつ食べてもその個性を失っておらず、間違いなくおいしいものね☆ むしろ、ぞうすい(延長戦)に混ざっている状態が最強かもしれない。 

個人的には鶏肉をお鍋に入れることがほとんど無いので本田さんのだけ若干ぴんとこないのだけど。蟹・・・じゃ、いかにも華やかすぎるのかしら。むしろ蟹はヒデさんとかかな。おいしくて文句なく主役で・・・食べているあいだ皆、妙に無口になってしまう感じ。


** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


首位奪還☆


やった〜、ついに・・・!!き

ここのところずっと、頭のうえに分厚い雲が垂れ込めているような状態で、どんなに楽しいことがあっても、浮かれた心にふっと影が差すような具合だったので、ほんとに嬉しい!
久々に晴れ晴れとした気分で、ネットニュースやブログを巡回。
(ほんとは、ジャイアンツが勝った日には、TVのスポーツニュースも昭和のオヤジの如くハシゴするのだけど・・・タイガースが負けた日には、一応同居人に気を遣うのです)

相方氏は、野球だけでなく、WBC観てもワールドカップ観ても、そのたびに激しく浮き沈みしている私に向かって、

「スポーツなんて、娯楽なのに・・・現実世界の生活になんの関係があんねん」

と言う。

「ええ〜っ?! トラキチのくせに! 猛虎魂とやらの持ち合わせはないのかい!」

と返すと、

「それとこれとは別」

とのこと。(たしかに相方氏は、驚くほど気分にムラがない!)

そうか〜。私にとっては、日々の気分にかなり密接に結びついている事象なんだけど。
というか、スポーツだけでなく、あらゆる事件やニュース、読みさしの小説や追っている連載漫画、占いなど、大事から些事まで、あらゆるものにどんぶらこっこと揺られているかも。
芯にある、大切なもの・好きなものに対する想いや行動はまったく揺るがないのだけれど、「気分」だけはほんと、びっくりするほどアップダウンする。なのでいつも、ちょっと苦しいなと思ったら、嬉しいメールを読み返したりお馬鹿ニュースを探したりしてできるだけバランスをとるようにしている。しょっぱいものを食べた後にたくさんお茶を飲むのと同じように。
揺すぶられても、時間と手順をかければある程度揺り戻せることを経験上知っているので、だいぶラク。ちいさい傷がちくちくするのには目をつぶって。また、徹底的に味わっておくべきだな、という暗い気持ちは、そのまま抱え込んでしばらくじっとすることもある。
ともあれ、揺り戻すことができるのは、嵐に翻弄されつつも泰然としている大樹の幹のような扇の要のような、大切な存在があるからこそ。感謝しつつ、ゆらゆらする日々。


でも、ある程度戻せるとはいっても、かなりしょんぼりするので、この三連戦、なんとか勝ち越してほしいな・・・。

** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


Paul the hidden MVP & il nuovo Rossonero!


スペインおめでとう!
そして、みごとに3位のドイツも☆ 4年後、どんなに強いチームになっているか、わくわくします。
一足先に全国(世界)に散っていった日本の選手たち・・・。再結集のときが楽しみです!
すべてのチーム、スタッフの皆さん、そしてパウルに、お疲れさまとありがとうをき

そしてそして、ミランが本田選手獲得に動いているという噂・・・
うわ〜、実現したら嬉しいなあキャー
ピッポのエッセンスを日本に!

** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


パウル逃げて〜 全力で逃げて〜


あららら・・・ まさかドイツが負けてしまうとは思わなかったkyu

優勝すると思っていたのになあ・・・

スペインの守りの堅さもあったけれど、どうもこれまでの試合でみせてきた生彩を欠いていたように思う。残念。
三位決定戦ではまた、あの若いエネルギーの唸りのようなプレイを観たいな。

でもま、どちらが勝っても初優勝、という決勝もおもしろそう。
日本にとっては、南蛮貿易で縁の深かった国どうしの試合。独特の近しさを感じる。
スペインのユニフォームが、おしゃれで好きだ。

それにしても、タコにやつあたりはよくないよ!良い結果じゃなければ、的中させたことが非難の対象になるなんて・・・魔女狩りみたい。"Die besten Rezepte für Orakel-Krake Paul"なんて心ないページもあるし・・・かわいそうに涙

** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


惜敗・・・


ああ・・・・・・ 涙

ほんとうにすばらしいゲームだった。だからこそ、悔しさもまたひとしおで。
闘いながら成長していくこのチームでの試合を、もっともっと観たかったな。
「ここまでこられただけでも」とか「次につながる内容」とか、どんなただしい言葉も、「悔しい」の前では力を失う。
思い出すたびに氷を飲み下したみたいなひんやりが胸に降りる。
この悔しさを、ごまかさずにしっかり見つめて、喰ってしまおう。そこまで味わいつくしてこその応援だ。

選手の皆さん、監督、本当にお疲れさまでした! ありがとうございました!!

** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


ウムラウトを背負った羽生さん


ドイツVSイングランド戦、おもしろかった〜!
ドイツの攻撃の、的確で力強いこと。大地を切り拓いてゆくかのようだった。粉屋さんさすが☆ Friedrich王子!そしてÖzil(私的には、「ウムラウトを背負った羽生さん」)がボールを持ったときの期待感ったら。
あの判定が水を差しているのだけが残念だけれど、これからの試合も楽しみです!


** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


決勝トーナメントへ!!




うっわ〜〜キャー

日本代表!!凄い!!!

いや、もう。あんなに有機的な美しい、そして前向きな動きを、自国のチームの試合で観ることができるなんて・・・!!

ひとり別次元な本田選手。彼にボールが渡ったときに背筋に走る「きっと何かやってくれる」という戦慄が心地よい。(それにしてもあのFKのとき、ゴールネットにかけてあったキーパーの汗拭きタオル・・・まるで的のようだったことよあせ
長友選手の、足に吸いつくようなドリブル、なめらかな走り。
ボールをがっちり抱きしめる、たのもしすぎる川島選手。なんだかボールのほうも、親鳥に抱かれた卵みたいに安心しているように見える!
他にも、松井選手の知性あふれる動きやら、フィジカルで負けないDF陣のすばらしさなどなど・・・ は〜〜ふぅ
思い返すだけで胸が熱くなります。
得点しても浮つかず、失点しても気落ちせず。最後まで集中も切らさず、本当にすばらしい試合だったと思います。

選手のみなさんも、監督も、本当におめでとうございます&ありがとうございます!!




・・・・・・しかし。しかしだ。
アッズーリ・・・涙 カテナチオ、鍵かけ忘れちゃったのか・・・?
まさかここで終わりだなんて。
もしもグループF1位で抜けてくれたなら、対日本なんていう夢カードも実現したのにな。

(写真は、マックでもらった、ジャパンブルーなグラス)

** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


ああ無情


円グラフAAふたたび。(WBCのときの



・・・・・・どちらを特に応援しているわけでもなかったのだけど、後半、えぐかったな〜

前半はいい勝負だと思ったし、北朝鮮の、闘志が前進するエネルギーにきれいに変換されるプレースタイルも好感がもてたのだけど。無情なり。


イタリア、GLで調子がでないのはいつも通りか・・・ 勝てなチオとか言われているしDocomo_kao19
まあ、まだまだこれから!
ピルロとガッちゃんのコンビが観たいぞ☆



へたりあでは、ドイツが好きです

アイコンはないけど、俺様兄ちゃんもね。



そして別格☆ とんでもなく好き。

なんなんだろうこの人の可愛さは。声がサスケなのがまたいいハート


我が家にあるマドラー。使うたびに心のなかで(ほあたっ☆)と呟いている・・・。
** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|


ワールドカップ順位予想☆


ロリポップで開催中の、

ワールドカップの順位ベスト3をあてたら、100ヶ月分のサーバレンタル料が無料!
(当てた人全員で山分け)


キャンペーン(18日締切り)。

エントリーしてみました。

私の予想は、

1:ドイツ
2:イタリア
3:イングランド


ドイツとイングランドの堅調さに賭けてみました。イタリアは、まあ、祈り込みで。
ピルロをたくさん観たいのよ!

しかし、エントリーした後、メッシの神(というか天使、あの童顔と神秘的なボールさばき)のようなプレイを目の当たりにして、ちょっぴり早まったかな〜と思い始めてもいます・・・締切りぎりぎりまで待てばよかったかも。そもそもヨーロッパ勢で固めすぎか・・・

まあ、私のへなちょこ予想は置いといて、これからの試合がますます楽しみなのです。

** | Sports | comments(2) | trackbacks(0)|


Requiescat in Pace.




今年は、なんだか1ゲームごとの勝敗にそこまで気持ちが左右されない。もちろん、勝ったらスポーツニュースやブログのはしごをするし、夢見もいいけれど。
とにかく、開幕からずっと、余裕のある、心地よい高揚感に充たされている感じ。同じような気持ちでいるファンも多いみたい。
長い戦い、チームもファンもひとつになっていれば何があっても大丈夫、という気が、する。

・・・して、いた。

・・・・・・そんな安心感の、大切な要のひとつだった存在が喪われてしまうなんて、想像もできなかった。

2009年7月のブルータス、読売巨人軍特集。チームとスタッフ全員が集合した写真で、彼はあのいつもの穏やかな笑顔をたたえている。

本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。


これから、あの高揚感には、あたたかさや緊張感を孕んだ痛みがつきまとうだろう。重たくて、哀しいけれど、彼が遺したものだから、それはきっとチームをよい方向に導いてくれることと思う。
** | Sports | comments(0) | trackbacks(0)|